暮らしの日記

シンプリストうた

子連れ帰省荷造りを20分で完了した方法

ご訪問ありがとうございます。

68平米のマンションに家族4人暮らし。

小さな子供がいてもスッキリ暮らしたい

シンプリストのうたです。

 



f:id:utatanenet_home:20191226193004j:image

 

今日は帰省荷造りを20分で完了した方法について解説します。

 

 

目次

 

 

 

 

親子3人2週間分の荷物で帰省しました


f:id:utatanenet_home:20191225130142j:image

 

 

毎回私ひとりで子供2人(5歳、4歳)を連れて45分程電車を乗り継ぎ飛行機での帰省です。

下の子が0〜2歳の時がピークで大変でしたが、その経験があったからこそ今は余裕を持てるようになりました。

 

 

主人は後から来て先に帰るので戦力外。

気分にむらのある子供にも基本期待はしません。

 

 

つまり自分が持てる範囲であることが前提条件。

 

 

ピークで大変な時は荷物は郵送していました。それはそれで正解だったと思っています。

 

 

荷造りを効率的にやるポイント

 

 

ここで荷物を効率的にするポイントを伝授。

 


f:id:utatanenet_home:20191227032114j:image


  1. 当日決行
  2. 小物はポケットに入れて取り出しやすく
  3. チェック前に鞄に詰めない

 

 

“ ゆとりをもって、前日にするのが良い”

 

私も長年そう思ってその通りやっていました。

 

 

果たして本当にそうでしょうか?

いやいや、逆に効率悪くない?

 

 

実践回数を重ねる度その思いが強くなりました。

洗濯中のもの程持っていきたかったりするし、持っていきたい物の中には当日使う物だってある。

 

 

前日に用意しても当日になったらきっと不安になってチェックし直してしまうので二度手間。

 

 

前日を推奨するのは、

  • 荷造りに時間がかかるから。
  • 当日焦って忘れ物をしてはいけないから。

等の理由があると思います。

 

 

だとすればスピーディーかつ抜けがなければ当日やってもなんら問題もないはず!

(Theひねくれ者笑)

 

 

早朝出発じゃない限り私は当日やることを誓います。

 

 

 

荷物をコンパクトにするポイント


f:id:utatanenet_home:20191226192617j:image

 

  1. 荷造りする私服、小物は1人2セットまで
  2. 宿泊先で用意できるものは極力用意する
  3. スキンケア、コスメは特に最低限で

 

 

とにかく最低限を意識!

 

人様のお宅で快適に暮らしたいという考えがおこがましいと自覚することから意識改革をします。

 

→短気であろうが長期であろうが予備を見ても着ていく服も含め3セットあればまわせる。

尚、自分のボトムスは2着で着回します。

 

 

わずかな意識ですが、当日着ていく服は畳んだら1番場所をとる服を着て行きます。

例) ボリュームニットとワイドパンツ等

 

 

後は日頃から万能アイテムを身につけること。裏起毛のパーカーを1枚持っていくことで、温度調整しやすいです。

スリーパーも不要。

 

 

荷造りポイント

 

1箇所に人別で集める


f:id:utatanenet_home:20191226192645j:image

とにかく持っていくものを集めます。

この作業を制する者は荷造りを制すると思っています꙳★*゚

 

 

大人も子供も管理枚数が少ないので悩む時間がほぼありませんでした。

唯一悩んだのは、息子が未だに半袖を着ているのでそこをどうするか(笑)

 

結局半袖とロンTを1枚ずつ持っていくことにして、パーカーとアウターで調整する事にしました。

 

 

ちなみにリストは作らない派です。

 

 

スムーズな荷造りは一日して成らず


f:id:utatanenet_home:20191227033310j:image

 

必要最低限といっても、その人にとっての必要最低限が多ければ大変さには変わりありません。

必要最低限のキャパを狭める作業は日常の作業で生まれてくると思っています。

 

 

入れるのは最後の最後にしよう


f:id:utatanenet_home:20191226192744j:image

 


荷造りに時間がかかるのは、

  • どれを持っていくか考える時間
  • それを各所から集める時間
  • 漏れがないか最終チェックする時間

 

 

であり、単純に鞄に詰める作業時間自体はそんなにかかりません。

実際に約3分で終わりました。

 

 

鞄が荷物で埋まってくると何となく進んだ気になりますが、チェックに時間がかかるだけなので全てが終わってから入れるようにします。

 

 

子連れママの味方


f:id:utatanenet_home:20191226192800j:image

 

ベビーカーやバギーを押すとキャリーケースを同時で押すのは難しいですよね。

 

 

そんな悩ましい時期にみつけたのがこちらのリュックになる2wayキャリーケース!

 

 

多少重いですが、2つ同時に取り扱う苦労を考えればこちらの方が身軽です(^^)

 

 

機内持ち込みサイズなので、バギーが必要なくなれば預かり手続きをせずに済みます。

 

 

まとめ

 

お互いの実家が県外にある事から、年に4,5回は荷造りの経験をしてきました。

 

 

その中で、義実家に2泊しても、実家に2週間滞在しても荷物の量はあまり変わらないことに気付きました。

 

 

洗濯できる環境さえあれば2,3日過ごせる量をベースで追究することをオススメします。

 

 

荷造りが楽になれば比例して荷解きも楽になります。

荷造りで学べる事は沢山あります。

是非、自己流のスムーズな荷造りを追究してみて下さい(^^)

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
にほんブログ村

 

Instagramもやってます。

https://www.instagram.com/p/B6VfpDhgWAe/

.お気に入りの風景何も置かなくて良かったと思える瞬間。...#2019冬#雪#風景画#プロジェクター#おうち映画#シンプリスト#シンプルライフ#インテリア#マンションインテリア