シンプリストうたのがんばらない家事

5才と3才の4人家族。子どもがいてもズボラでもスッキリ暮らしたい。

小さな子どもがやる気になる片付けの声掛け

ご訪問ありがとうございます。

68平米のマンションに家族4人暮らし。

小さな子供がいてもスッキリ暮らしたい

シンプリストのうたです。

 


f:id:utatanenet_home:20191017115532j:image

 

今日は、

【小さな子どもがやる気になる片付けの声掛け】

について私が実践していることをまとめてみました。

 

 

こどもが片付けしてくれないという悩みをもつ方も多いかと思います。

 

 

個人的には半分は親がやり、

半分は子供がやってくれたら嬉しいなというスタンスです。

自分ひとりでやりたい!って言い出すまでは親が一緒になってやった方が片付け力が身についてるな、と今になって思います。

 

 

気分のムラなく片付けできるなんて大人でも難しいので、良い意味で期待しすぎないようにしています。

 

 

声掛けに関して気をつけていること。

なるべく

「片付けなさい!」はなるべく禁止ワードにしています。

(たまについ言っちゃう時もありますが…)

 

 

「片付けなさい!」がダメな理由

 

  • 片付けに対してネガティブなイメージを持ちやすい
  • ますます片付けたくなくなる
  • そもそも片付けるって何?片付けに対してまだ理解できてない。
  • 小さい頃言われて嫌だった記憶

 

 

小さい子供を育てた経験しかないので(笑)

これは小さな子供限定です。

5歳と4歳の我が子に対して、試してみて効果のあった方法をご紹介します。

 

 

«目次»

 

 

 

1.おうちに帰りたがってるからおうちに戻してあげようね

 

 

この声掛け定番ですね。

小さい時期には効果ありましたが、

成長するにつれ聞き慣れたのか

徐々に効かなくなりました。

我が家では2〜3歳前半の時期に1番効果がありました。

 

 

2.これどこにしまえば良い?教えて?

 

テレビで知った方法ですが、半信半疑で試したらこれは効果ありました!

え、知らないの?という感じで教えてくれます。

今まで教えてきてもらってばかりだった子供が優位に立てる事が嬉しいのでしょうね。

これは今でも効果あります。試してみる価値あります。

 

 

3.かーたづけしましょ〜♪

(メリーさんのひつじの替え歌)

 

私の幼稚園時代は、片付けの合図としてハイテンポなピアノの伴奏が聞こえてきたら皆勝手に身体が動いて片付けをしていました。

(今でもやってる幼稚園も多そうですね)

小さいうちはこれメインで片付けていました。

子供に押し付けず、歌いながら親も一緒に片付けるのがポイントです。

 

 

4.お母さんが片付けちゃおーかな?

 

いい?やったー!ラッキー。

だんだん悔しくなってきて横取りしてしまいます。

負けず嫌いな娘には効果ありましたが、

負けず嫌いではない息子にはあまり効果がありませんでした(笑)

個人差があります。

片付けって楽しいものというイメージを持ってくれれば今はできなくても成長するにつれ積極的に取り組んでくれそうです。

 

 

5.どっちが早いかな〜?

 

これは母 vs 子供 の時もありますし、

息子 vs 娘 の時もあります。

笑いながら片付けしてます。

負けた方が泣くのがデメリットですが(笑)

なるべく引き分けにしてどっちも優勝!ということにしています。

実況中継のマネをして緊迫感を出したら片付けスピードもあがって尚よかったです。

 

 

6.いーち!にー!さーん!

 

→いきなり秒数を数える

 これは先日試して効果があった方法です。

片付けようとも言わずにいきなり数を数えます。

片付けなきゃという認識は子供の中にもあったのですぐ伝わりました。

子供たちが遊びの途中で興奮状態にあったのを利用し、冷静に考える隙を与えないのでそのまのテンションで片付けてくれ我が家の子供たちには効果大でした。

残り10秒で片付くかな?と思った時にカウントダウンを始めます。

騒がしいですが楽しみながらやってます♪

 

 

7.これ片付けたら公園行こうか(^^)

 

これは大人も共感できるかなと。

片付けたらコーヒータイムをしよう

片付けたらショッピングに行こう

片付けたら本を読もう

 

近い将来に楽しみがあればきっと頑張れるはずです。

 

 

まとめ

 

子供の性格も十人十色なので、

全ての人には当てはまらないと思いますが、

試行錯誤しながらどのタイプに当てはまるか

見ていくことで、悩みを楽しみに変えることもできるのではないでしょうか。

 

親も神経質になりすぎずに、

時には諦めたり見守ることも大事ですよね。

 

 

私の子供たちも少しずつでいいので、

指示されて動くのではなく、自分で考えて動けるような片付け力を身につけてくれるのが理想です。

 

 

そして子供に対してそう思うなら、自分自身もそうできて当然と言える

状態をつくっていきたいものです。

 

 

ランキング参加中です。

アイコンぽちっとしていただけたら喜びます。

にほんブログ村 インテリアブログ 子供あり家庭インテリアへ
にほんブログ村

 

最後までお読み頂きありがとうございます(^^)♬︎♡