シンプリストうたのがんばらない家事

子どもがいてもズボラでもスッキリ暮らしたい。

まずはこれだけでOK。今すぐ実践できる3つのシンプルな習慣。

ご訪問ありがとうございます。

68平米のマンションに家族4人暮らし。

小さな子供がいてもスッキリ暮らしたい

シンプリストのうたです。

 


f:id:utatanenet_home:20190512150322j:image

 

 

本日のお題

【第一ステップはこれだけでOK。今すぐ実践できるシンプルな3つの習慣。】について。

 

 

目次

 

 

 

 

スッキリ空間で過ごすコツは?片付け下手にこれを言っても響かない。

 

 

スッキリした空間で過ごしたい。

そうは思っていても生活の場なのでなかなか思いどおりには行きません。

 

 

片付けが苦手だったから分かるのですが、

片付け下手の人に、いきなり

 

 

  • 床に一切物を置かない
  • 出したらすぐ戻す
  • 家族で家事を分担する

 

 

等と言ってもあまりピンとこない気がします。

それは分かってるけどできないから困ってるんだ!と昔の私だったら言いたくなります(笑)

 

 

考え方としては正しいのですが、

これ片付け下手な人にとってみたら結構ハイレベルなのですよね。

 

 

片付けにも勉強と同じように段階があります。

例えば自分は小3レベルなのにいきなり高校レベルの事を言われてもピンときませんよね。

 

 

7年前はありえない、できる訳がないって思っていた事でも今は当たり前にやっている事も多いです。

それはやはり経験と共に段階踏んで徐々に習慣にしていったからだと思います。

 

 

 

今すぐ実践できる3つのシンプルな習慣

 

 

  1. 明らかなゴミを捨てる
  2. テーブルの上に何も置かない
  3. ゴミの日前日に断捨離

 

 

たったこれだけ。

されどこれだけです。

解説していきたいと思います。

 

 

明らかなゴミを捨てる

 

 

え、ゴミが落ちてるの?と思いますよね。

これ、物が多すぎかつ片付いていない家の特徴かなと。

 

 

存在には気付いているけど、見て見ぬふりをしちゃうって感じです。

 

 

何も無い部屋にポツンとティッシュが落ちてたら誰でも気になるはずですが、

ごちゃついた部屋に落ちてても馴染むとゆうか気にならないんですよね(汗)

 

 

ゴミにはゴミが寄ってくるとゆう負の連鎖をここで意識して断つべきかなと思います。

当たり前ですが、ゴミなら必要って選択肢はないので、捨てる事に慣れる為の第一ステップかなと思います。

 

 

 

テーブルの上は何も置かない

 

 

これも最初は難しいですが、範囲は限られているので床に置かないよりかは実践しやすいです。

 

 

コツはテーブルを壁につけない事とひとつでも物を置かない事です。

前の賃貸では部屋の間取り上部屋の中央に置いていましたが、効果ありました!

 

 

前の賃貸です。手前がダイニングテーブル。

 


f:id:utatanenet_home:20190512110921j:image

 

 

2週間常に意識したら物があるのに抵抗を感じ始め、1か月前もしたら習慣になったかと思います。

 

 

ここを習慣にできたら次は、飾り棚の上、キッチンの上と徐々に何も置かない範囲を意識して広げていきましょう。

 

 

 

ゴミの日前日に不用品を断捨離

 

 

 

これには3つの効果があります。

  • 延ばし延ばしにしていた断捨離も時間を区切ることではかどりやすい。
  • 翌朝にはゴミを出すのでやっぱりやめとこうと考える時間が短い。
  • 少しずつでも着実に物は減る。(減った以上に買わない事が条件)

 

 

断捨離と大きく言ってますが、

先程も触れたように明らかなゴミから捨てれば良いのです。

 

冷蔵庫を見回して傷んだ食材や賞味期限の調味料等。

 

 

断捨離とゆうか間引くのに近いですね。

季節ごとに、ドカンと断捨離するより

こまめにやっていった方が断然楽でキープするとゆう面でも効果的です。

 

 

最初からときめく家ではなく、まずはゴミを溜めない、落ちてない家を目指しましょう。

 

 

 

まとめ

理想は大きくもつことは良いのですが、

理想に近づくためには地道にコツコツやるしかありません。

スッキリ空間に近道なしです。

 

習慣的にできる人とできない人の差は意識するかしないかが大きいのかなと思います。

 

特別難しく考えたり用意したりは何も無いので、やってみようと思う人は今日から実践していきましょう。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます♬︎♡